ICELANDia小倉悠加、大統領官邸にて2016年8月就任のアイスランド新大統領に会う!

 アイスランド最大の音楽フェス、アイスランド・エアウエイブス期間中に、なんと今回は大統領官邸(Bessastadir)にお招きいただきました。これはアイスランド・エアウエイブスの視察や取材にやってきた中でも飛びきりのVIP集団でした。
 で、なんで私がそんな中に入れたのか不思議に思うも、「日本のアイスランド・エアウエイブス大使」とのお墨付きもフェス公式インスタグラムのここでいただいているので、日本大使ということで参加できたのかな、と。

 ということで、6月に選出された新しい大統領グズニ・ヨハネソンご夫妻と記念ショット!(ウチの親が喜ぶ!)48歳の若き大統領で、少し後に声をかけましたが、紹介された内容をキチンと覚えていて、「来春に拠点をこちらに移すそうですね」と言われたので、「問題あったらご相談していいですか?」と図々しくお願いしておきました。 大統領という立場上、安請け合いはできないので「その節は適切な部署にご相談いただけるようにしますが、個別のケースを追うことはできません」とキッパリ。すごく感じがよかった。個人的には知り合いのアンドリ大統領を期待したかったけど、グヅニ大統領とってもいい!好き!(笑)
 アイスランドでは首相が政治の舵取りを担い、大統領はもっぱら顔として外交を担当するのが筋。そしてアイスランドでは大統領でもファーストネーム呼び捨てが当たり前。小学校の子供でもそうするので、まして私がグズニと呼びかけたところで、普通です。本当に。むしろ我々がファミリーネームだろうと思いがちなラストネームは、父親(稀に母親)の子孫であることの名前なので、そちらで呼ぶ方が不自然。ファーストネーム呼び捨ては失礼ではないので念のため。

 大統領官邸、見学してきました。地下が博物館になってるとは知らなかった。こちらはドアを入ってすぐのところにあるので、秘書の机かと思われます。 外を出ると入り江になっている海が見えます。夕方なので薄暗くてよくわからないけれど、向こう側にはレイキャビクが見えます。後ろ姿が写ってるうちのひとりは、米ローリング・ストーン誌の編集長デヴィッド・フリック氏。毎年アイスランド・エアウエイブスで会う常連。
 結構おいしいシャンパンもいただけて満足。海外のジャーナリストやフェスの担当者等、いろいろな人の話も聞けて楽しかった。(小倉悠加/ Yuka Ogura)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA