レイキャヴィクを自転車で走ろう。シティ・バイクお目見え

2019年6月情報更新:

 残念ながらWow航空は2019年に入り倒産を宣言しなければならず、どうやらこのシティ・バイクも裁ち切れ。レンタル・バイク自体はそこここで見つかるけれど(ホテルやゲストハウスが貸し出している場合も多い)、この記事にあるWow航空の自転車は存在しないことをここにお伝えしておきたい。以下は当時書いたブログ記事。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 レイキャビクの街を歩いていると、拠点となる地のあちこちに見慣れないけれどやけに目立つ自転車置き場ができてた。忽然と現れた。

 どうやら2017年の、この夏から本格的にお目見えするというシティ・サイクル(貸し自転車)らしく、きっちり、がっしり、そしてきれいに駐車されてた。

 そして有料らしい。廉価であれば理解するけど、そうでない場合は、単に有料でWow air (ウワォ航空)の宣伝をさせられる気がして、個人的には好きじゃないけど、目立って分かりやすいのは防犯にもなのかな?価格が書いてなかったし、使い方もイマイチ分からずで、もしかしたらまだ使用開始されておらず、設置作業中の状態だったのかも。

 とにかく、こんなのがアイスランドの首都レイキャビクに出現しましたというお知らせでした。(小倉悠加/ Yuka Ogura)