広島・長崎への祈りをこめレイキャヴィクの精霊流し

 先日8月9日夜の10時半から首都レイキャビクのチョルトニン湖で精霊流しが行われました。広島・長崎の悲劇が二度と起きないようという願を込め、毎年アイスランドの市民が行っています。レイキャビクだけではなく、アークレイリなどの地方都市でも。

 私も今年やっと参加することができました。知人の話によれば、以前は市庁舎等の建造物がある側で行っていたけれど、年々歳々参加者が多くなり、道路まで人が溢れ出るようになったため、公園になっている側に場所を移したとか。

 正確な参加者数は分かりませんが、ごく地味なイベントにしては確かに人出が多かったと思います。軽く数百人はいる感じだったので。
 知り合いの日本人の顔もちらほら。アイスランド駐在の日本大使もいらっしゃいました。

 風がなかった日で、キャンドルはゆっくりと流れていきました。平和への祈りがどこまでも深く届きますように。 (小倉悠加/ Yuka Ogura)