冬のアイスランド、4時間の日照は朝焼けから夕焼けへ

 12月に入りアイスランドの日照は益々短くなり、本日12月11日の日の出は午前11時半。ほとんど正午ですよね〜。
 その上、同時に月まで見えている。そういうことがあるのは分かっていても、実際に低くしか登らず、朝焼けから夕焼けにしかならない空を眺めながら、その上に月まで見えていると、なんだかとても不思議な感じがします。
 空のグラデーション、iPad miniの写真では表現しきれないのが残念です。パステルのこっくりとしたピンクとブルーと白のグラデーションの空。写真ではブルーがグレーに、ピンクが赤っぽくしか見えていなくてすごく残念。ものすごくこっくりとした密度の高い感じのパステル色で、肉眼で見ると実に穏やかな色です。ふんわか、ほわほわした感じの色。
 反対側は朝焼けのオレンジ。たまたま眺めのいいアパートなので、毎日陽の光の変化を楽しんでいます。(小倉悠加/ Yuka Ogura)