イマジン・ピース・タワー、小野ヨーコさんのメッセージと願いの木

 イマジン・ピースタワーは毎年ジョン・レノンの誕生日の10月9日になると、アイスランドに小野ヨーコさんがやってきて点灯式が行われる。誰でも参加出来る式典ではあるけれど、寒かったり雨が降ったりだとどうしても足が向かず、2007年の除幕式以来、点灯の瞬間を見ていない。

 
 そのヨーコさんは毎年レイキャビク市に手書きメッセージを残し、ウィッシュ・ツリー(願いの木)の近くに貼り出している。それを今年2018年は港に面した美術館のHafnarhusで見かけた!このウィッシュ・ツリー、どう考えても七夕ですね。さすが日本人!
 
 手書きの文面は「あなたの願を書いて、木につるしてねください」というもの。このツリーのそばには必ず小さな机と鉛筆、短冊代わりになる紙、そしてイマジンピースというフレーズが各国語で書いてあるバッジが置いてある。
 

  ヨーコさんもご高齢になり、いつまで元気にアイスランドに来てもらえるのか。世界の女性に勇気と希望を与え続けてくれるヨーコさん、いつまでもお元気で!(小倉悠加/ Yuka Ogura)>