妖精の街ハフナルフョルヅルのスロー・ライフ・カフェ、Pallett

 Icelandguide.netでは、事ある毎にお気に入りカフェ、新規開拓カフェをご紹介してます。今回はレイキャビク近郊で妖精の住む街として有名なハフナルフョルヅルにあるカフェ『Pallett(パレット)』。スローライフ・ムーヴメントに賛同し、素材を吟味し、運営も含めて手間をかけ丁寧にゆったりと行うことがモットー。大規模な世界的企業が入りにくい国なので、手作りのこういった素敵なカフェが比較的多いのがアイスランドのいいところ!

ウォオータージャーのセッティングもお洒落

 店内にはスローライフを推奨する雰囲気を重んじて、誰かのリビングルームのような居心地の良さを提供。窓側に近いテーブル席は昼間明るくて開放的。奥の方にあるソファ席は、夜友達と笑談するのに最適。
 子供の遊び場コーナーも完備だし、去年からは犬猫の同伴もオッケー。トイレも広く、アイスランドの家畜や魚などのポスターも楽しい(って写真を撮り忘れてすいません)。

本棚の奥にはソファ席が
棚にはフクロウが集合!

 私はここでいつものようにカプチーノをオーダー。最新のGrapevineを広い読みしながら、ホっと一息。それに飽きると棚にあるアイスランドのアンティーク・マガジンを眺めたり、スロー・ライフ運動の一環として販売されている粒状の歯磨き粉(!)やソープなどを眺めたり。かなりまったりと過ごしました。

ユーロヴィジョン出場のハタリが表紙の英語情報紙Reykjavik Grapevine

Pallett
https://www.facebook.com/pallettkaffi/

 忙しい時間を縫っての観光旅行だと、レイキャビクの隣町まで足を伸ばす機会は少ないかもですが、おいしいコーヒーが飲みたくなったら、ぜひどうぞ。ゆっくりと挽かれたのであろうクリーミーな味わいのコーヒーでした。ハフナルフョルヅルのパレット。のんびり、ゆったり過ごせること請け合いです。