西への1号線の旅は軽食のあるカフェGeirabakari Kaffihusから

 アイスランドをグルリと一周する1号線。通称リングロード。アイスランドを一周しなくても使うことの多い1号線で、西の方向へ行く場合、必ず通ることになる。

 その道路でボルガルネスを経由する際、必ず寄るお気に入りカフェがある。それが『Geirabakari Kaffihus(ゲイラバカリ・カフィフス)』。ごく真面目なベーカリー兼カフェだ。大型バスも入れる大きな駐車場があり、コーヒーと紅茶はおいしいし、持ち帰り用のカップも使える。パンもケーキもそこそこ美味しいし、店の窓が大きなガラス張りで、景色が抜群。

 コーヒーが500円弱、サンドイッチが800-1000円といったところか。二人でコーヒーを頼み(我が家はカプチーノ好き)、サンドイッチを半分で分けると二千円強というところ。

 ケーキはひとつ8-900円程度。アイスランド語で「kaka」はケーキ。ここにある「Ostakaka」というのはチーズケーキのこと。

 美味しいコーヒーと美しい景色があり、駐車しやすく軽食も悪く無いとなれば人が来ない訳がない。ここに来るとよくレイキャビクの知り合いを見かけるし、どの時間帯に行っても人が絶えない。

 まずはこのカフェに立ち寄り、一息つくのが我が家の旅の始まりの定番だ。その旅が日帰りであろうと、数日を要する旅だろうと、このカフェが第一の目的地であり、ここで少し息をつき、行程などを話合って旅立てば、悪い道中になるはずがないのだ。