晴天5月のドライブ(個人的な思い出写真)

 去年2018年の夏、あまりにも晴れの日が少なかったため、2019年は「これが人生最後の晴れの日かもしれない(アイスランドあるある)」という勢いで郊外へ。

 三度の飯より私の写真を撮るのが大好きという彼に(ほぼ)引きずられ、我々の定番ドライブコースのHvarfjordurから確かレイクホルトの方へ行った記憶。風の強い日で、髪の毛をどう抑えるのかが最大の課題だった覚えも。ごく個人的な写真なので、年取ったオバチャンの写真など見たくないという方はすっ飛ばしてください。