フードコートなのにレストラン・クオリティの美味しさ Skal!

 ズバリ、レイキャビクで食費を安くあげる方法は・・・ない!

 例えば、キャンプ場へ行くとキャンプ場を終えた人が残していった食材があるとか、そういう特殊な物事はのぞいて、普通に食べて暮らしていくとなると、野菜や果物の価格自体が高いので、安くという訳にはいかない。あえて言うなら、夏の間はある程度野生の草やベリーを積んで食べることはできるけど、その場所まで出かけるガソリン代やら自分の時給を考えると、やはり趣味の範疇でしかなく、それなら買った方が割安になる。

 そして美味しいものは食べたいけど、毎回高級レストランにも行けない。そんな時、少し譲歩すればかなり美味しく食べられる場所が、実はいくつか存在している。単純に食欲を満たすだけであれば、そこらへんのハンバーガ屋かピザ屋でいいと思う。それでも、2-3千円覚悟のアイスランドの物価の中で、えらい!と思える場所を今回はご紹介したい。

 場所はHlemmurのフードコート。レストラン名はSKÁL!
(スカゥル!=アイスランド語で乾杯!の意味)。今年からミシュランおすすめ店になったそう。開店当初から頭ひとつ出ていたイートインで、私も知り合いを何人連れていったか。理由は第一に美味しいことだけど、価格設定も悪くないし、なにせフードコートで気軽っしょ?!

 気軽であるけれど、提供されるフードはレストラン・クオリティで、下手すると高級レストランっぽい顔をして営業しているところよりも、進歩的で美味しいものに出会える。メニューも数ヶ月に一度は変更しているようなので、食べたいと思うものがあれば、早めに行かないと出会えなくなるし、数ヶ月も間隔をあければ、また新しいメニューに出会えるので楽しい。

 それでも一品2千円以上でしょ?お腹一杯にならないじゃんという人は、ハンバーガー屋かピザ屋へどうぞ。私は幸か不幸か少食で痩せなので、量はいらないから、美味しいものが食べたい。それもどうせ外食するなら。

 その点Skalは前菜で1500isk前後が多く、メインでも2-3千isk代。本格的なレストランだと前菜もメインも5-6割増しの価格になるので、ここは本当にありがたい。量は少なめだけど、数品をシェアするとお得感満載。

 例えば9月上旬に行った際の彼と私のメニューがこれ。手前が自家製のフェンネルクラッカーとゴートチーズにフルーツソース(アップルだったか?)、甘酸っぱいソースとクセのあるチーズ、パリパリの香ばしいクラッカーで満足。

 アイスランドのレストランメニューでは珍しいくコロッケがあったのでオーダー。中身は確か白身魚だった覚えが。見た目よりもしっかりボリュームがあった。大好きなムール貝もメニューにあったので飛びついた。サワードーのブレッド付き。

 2人でこの3品を頼んでちょうどお腹が満たされた感じ。四品でもいけたけど、これでちょうどよく、家に帰りナッツでもツマミならがビールをその後に飲んでもいい感じで。料理のお勘定はこれで5千iks以下!(私の記憶に間違いがなければ4700idk程度)。ここにビールを頼むと途端に千isk跳ね上がるけど、それでも許容範囲。

 高級レストランに行かずしてレストラン・クオリティの品が3品シェアして、一人2500iskならもう絶対にお得!ちなみにフードコートの同じ島のKrostも悪くない。Hlemmurのフードコートの二大柱みたいな存在。ただ、私はちょこちょこ小さめの分量で品数が取れるSkal!の方がKrostよりも好き。
 
SKÁL!
http://skalrvk.com/