アイスランド大統領選、現職が投票者92%に支持され続投

 2020年6月27日、アイスランド大統領選挙が行われた。

 候補者は現職のGuðni Th. Jó­hann­es­son、
 新たに出馬したのはGuðmundur Franklín Jónsson。

グズニ・ヨハネソン大統領

 有権者252.267名、投票率66.9%。有効投票数168.821票。
 現職のグズニが150,913票(92.2%)を獲得し正当選。グズムンドゥルの得票は12.797票(7.8%)。ソース記事
 選挙前からあまりにも結果が見えすぎていて、開票速報の番組も終始雑談気味。現職の人気が高すぎて、誰も立候補しないのではと思われたほどだった。

 私も大統領には何度かお会いしていて、一番最近は今年5月末、チョルトニン湖畔に咲いた桜の花を見に行ったところ、たまたま散歩にいらしていた大統領を見かけた。「即位の礼にご列席いただき有難うございました」と声をかけると、「こちらこそ列席させていただき光栄でした」と。

 庶民的で、スーパーで買い物をしたり、近所でジョギングをしていたり、話しかければ気軽に言葉を返してくれる大統領だ。2016年に就任した際は、それまでの大統領職の給料の値上げ分を福祉施設に寄付するなど、庶民の身の丈で物事をする姿勢が国民に高く評価されている。