『北北西に曇と往け』に登場のHjálparfoss

 滝と温泉シリーズの第一弾はHjalparfoss(ヒヤルパルフォス・ヒャゥルパルフォス)。

 アイスランドを舞台にした漫画だと聞き、購入してアイスランドに持ってきた『北北西に曇と往け』。見慣れたレイキャビクの街の風景から、人気観光地、そしてあまり知られていない場所もあり、楽しく読んでいる。

『北北西に曇と往け』入江亜紀(発行:KADOKAWA)

 そんな漫画の第一巻の一コマに出てきたのがこの滝。ヒャルパルフォス。舗装道32号線沿いなので、内陸部へ行く前に気軽に寄れる滝。駐車場も完備で、安全に歩けるよう、滝に近ける通路もしっかり作ってあるので、ごく安全に到達できる。

 直接行けばレイキャビクから車で一時間半程度。レンタカーがあれば、ゴールデンサークルを一周し、この滝を見てからでもレイキャビクに日帰りで戻れる。写真は2020年6月に撮影。

 『北北西に曇と往け』に出てくる場所や、フード、植物など、分かる限りオンラインサロンに出しているので、興味ある方はサロンにご参加ください。アイスランド満載の漫画なので、『北北西〜』もぜひご購入くださいね!

足場が整備されているので、誰でも気軽に見学できる。
滝の横の奇岩も見応えがある
3000年前に流れてきた溶岩がベースだとのこと