雪の日の親子三代キッチン・セッション。赤子を上手にあやしながら歌うヘルギ・ヨンソン

 ヘルギ・ヨンソンが雪降る日にアイスランドの自宅のキッチンで行ったセッション。ギターはヘルギの父親。抱いているのはヘルギの子供。三世代揃い踏みでのセッション。空気感がたまらないビデオです。

 彼の奥さまはティナ・ディコというデンマークの有名なシンガー・ソングライター。他にもお子さんがいらっしゃるので、たぶんティナは上の子の世話をしていて、ヘルギが数ヶ月前に生まれた子を見てたんじゃないかな。

 アイスランドでは男性が子供の面倒をみるのは当たり前。面倒をみない男がいたら、たぶん社会と親戚から非難囂々でしょうし、まず女性がすぐにそんな男性は見放すことでしょう。それに、男性自身も子供の面倒をみることを日本人男性のようにとらえておらず、子育ては50・50が当たり前であり、むしろ男性が積極的に参加するものという空気を私は感じます。

 ヘルギの最新作は『 Vaengjatak』。心優しくも力強く、そして甘酸っぱい男性ヴォーカルが好きな人にはたまらないと思います。(小倉悠加/ Yuka Ogura)