夏の最後を飾るカルチャー・ナイトとレイキャビク・マラソン

アイスランドの短い夏はもう終盤。アイスランドの夏は気温が高いのではなく、日照が長いのが特徴。夜中の、それも3時過ぎまで明るく、ほとんど白夜だったのが、現在は夜10時には日が落ち、夜中12時には真っ暗。なーんか、寂しい。

その夏の終わりを飾るのがレイキャビク市をあげて行われるカルチャーナイト。去年の私は、この時期、西部のイサフョルヅルへ行っていたので見れず仕舞い。今年のカルチャー・ナイト体験は、なんと15年ぶり!!!うっひゃー。

プライド・ウィークやパレードは、彼を置いてひとりで見るのもつまんないのでパス。ただ、カルチャーナイトは私が好きそうなイベントが多いので、少しは見て回ろうかと。

イベント情報は以下のサイト

上記サイトにも記載がある通り、この日はシティ・バス(Straeto)が無料。自家用車じゃなくバスを使ってね〜ということですね!

同時に、この日はレイキャビク・マラソンがあり、アイスランド大統領のグヅニが14年間連続でハーフ・マラソンに挑戦。マラソン大会としては16回目だとか。庶民派大統領、大きな声援を受けて走ることでしょう。(小倉悠加/ Yuka Ogura)